「ブロックチェーンの力!Web3がもたらす変革」

こんにちは、私は都内の大学に通う大学生です!この分野は私の現在の研究分野であり、まだ書籍が数冊しかなく、テレビではメタバースやNFTなどの内容も放送されていない時から興味をもって調べていました。
そんな変わり者が今回解説するのはWeb3についてです。最近この言葉を耳にする方も増えてきたのではないでしょうか?
でも実際そんな仕組みなのか?Webってことはネット関連なのかなど疑問が多々あるかと思います。
そこで今回のこの記事を通して少しでもこの分野に興味を持っていただけたらなと思います。

すべてが新しく、未知の領域へ足を踏み込んでみてください。

1: Web3の概念とその意義

Web3、またはWeb 3.0は、簡潔に述べるとデータの所有権を個々のユーザーに戻し、分散型のインターネットを可能にする革新的な概念のことです。しかし、実際の仕組みなどを考えるとWebのようなものではないと私自身思います。

すみません私の考えをつい述べてしまいました、、、

Web3と言っていますがここまでに至るまでのお話はまたのちのブログで説明したいと思いますのでそちらをご覧ください。


Web3の特徴は?

Web3の最大の特徴は、ユーザーが自身のデータを自由に管理できるという点にあります。これは現代のWeb2.0とは対照的な概念で、現在のモデルでは主に大手企業がユーザーデータを管理しています。さらに、Web3では中央機関(運営している企業、情報を管理している企業や組織)が存在しないため、検閲の可能性も低くなります

この考え方は、Web2.0が提供するサービスの多くが、個々のユーザーから収集した情報に基づいている現代社会(中央集権化社会)において、特に重要性を帯びています。たとえば、大手テクノロジー企業は、ユーザーデータを使用して広告をターゲティングし、その結果として巨額の利益を上げています。しかし、これによりユーザーのプライバシーが侵害され、また、情報が一部の企業に集中しすぎることで社会全体の健全な競争が阻害されています。

Web3の実際の例

ブロックチェーン技術はWeb3の理念を具現化する最初の試みの一つであり、ブロックチェーンを用いた分散型アプリケーション(dApps)が登場しています。これらはユーザーデータを中央のサーバーではなく、ユーザー自身が保有するブロックチェーンに保存します。これによりユーザーは自分のデータを自由に管理でき、大企業によるデータの管理や検閲から解放されます。ブロックチェーンについては次の章でお話ししますのでそちらをご覧ください。

結論

Web3の概念は、現在のユーザーデータの所有と利用の問題に対して、分散型のソリューションを提供します。これにより、インターネットがユーザーエンタイトルメントを重視し、個々のユーザーが自分自身のデータを管理できる世界を目指しています。

                 中央集権型→非中央集権化へ


2: Web3の基本要素

Web3、またはWeb 3.0は、現在のインターネット(Web2.0)から次の世代への進化を指し、ブロックチェーンと分散型台帳、スマートコントラクト、そして分散型アプリケーション(DApps)がその基本要素となります。これらの要素は先の章でも述べたデータの所有権と制御をユーザーに戻し、プライバシーとデータの透明性を向上させます。

2-1: ブロックチェーンと分散型台帳

ブロックチェーンと分散型台帳は、Web3の信頼と透明性の基礎を築いています。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンは分散型台帳の一種であり、取引やデータの変更を確認し記録するための透明なシステムを提供します。

もっとわかりやすく説明すると、、、

ブロックチェーンは、分散型台帳とも呼ばれ、それはみんなが持っている記録帳みたいなものだと考えてみてください。それぞれのページは「ブロック」と呼ばれ、新しいブロックが追加されるたびに、前のブロックへのリンクも作られます。それが、チェーン(連鎖)のようにつながっています。そして、ある取引をする際に記録を見るとブロックがチェーン状になっているためブロックチェーンといいます。

例をもって説明します。個人的にこの例は幼少期を思い出して書いたので懐かしんでいただければ幸いです、、、

例えば、男の子たちが4人でカードゲームをしていました。そこで、A君がB君の持っているレアカードを欲しいと言いました。そこでA君は優しいのでB君が欲しいといったカードをあげました。その交換(取引)をほかの2人の子たちは見ていました。そして、その出来事を4人全員日記に書き込みました。その記録は4人全員で共有されました。しかし、ある日B君が「そんなレアカードをもらってない!」と急に嘘を言いだしました。しかし、ほか3人の日記を見れば真実がわかります。これがブロックチェーンの基本的な考え方で、分散して管理することで取引やデータの変更を公正に記録することができ、改ざんを困難にしています。

ブロックチェーンの特徴

ブロックチェーン(分散型台帳技術)の特徴として、ネットワークの各ノードが全ての取引履歴を持つため、データの改ざんが非常に困難という点が挙げられます。これにより、ユーザーは中央機関(企業などの特定の組織)に依存せずに信頼性の高いデータを利用することができます。

実例

ビットコインやイーサリアムなどの暗号通貨はブロックチェーン技術を基盤としており、取引の透明性と信頼性を確保しています。さらにNFT(非代替性トークン)なども挙げられます。

これらについての詳しい解説や私が実際に体験している話などはまた後の投稿で記載しますね。

少々お待ちください

2-2: スマートコントラクトとその働き

スマートコントラクトとは?

スマートコントラクトは自己実行型のプログラムであり、明示的な条件が満たされたときに自動的に実行されます。

なんだそれはと思われるかと思いますので身近な例を基に説明します。

まず、スマートコントラクトは、簡単に言うと「自動的に契約を実行するプログラム」です。ブロックチェーン技術を使って、あらかじめ決められたルールに基づいて動きます。ルールが満たされたときに自動的に契約が実行されるため、人の手を介さないで契約の履行ができるというものです。

身近な例だと自販機があります。

自動販売機はお金を受け取って自動的にジュースを出す仕組みです。これはお金を購入者が支払って、目には見えませんが契約を行って商品を選択し商品を受け取っています。それと似たものがスマートコントラクトです。

さらに、応用例として

スマートコントラクトは保険の契約に使われることがあります。保険料を支払って保険に入った人が事故にあったとき、スマートコントラクトは自動的に保険金を支払います。これは、保険会社が事故を確認してから保険金を支払う通常の手続きとは異なり、より速く、簡単に事が進みます

しかし、このスマートコントラクトにも問題点があります。一度作った契約を後で変更することができないため、間違いがあった場合にはそれを修正するのが難しいというものです。また、多くの人が同時にスマートコントラクトを使うと、システムが遅くなることもあります。そして、スマートコントラクトはプログラムで作られているので、プログラムにミスがあると問題が起きるという可能性もあります。さらに、後日別の記事で書きますが、ガス代という手数料が発生するというデメリットもあります。

スマートコントラクトのメリット

この自動実行性により、人間の介入を必要とせずに、契約条件が適切に履行されることを確保できます。さらに、スマートコントラクトはブロックチェーンに記録されるため、取引の信頼性と透明性も保証されます。

実例

例えば、分散型ファイナンス(DeFi)アプリケーションでは、スマートコントラクトが利用されており、信頼性のある金融取引を可能にしています。また、先に述べた保険やNFT、仮想通貨でも使用されています。


3:Web3の特性とその利点

3-1: 透明性

結論

ます結論としてWeb3は透明性が高いです‼

なぜ透明性が高いの?

この透明性は、ブロックチェーン技術の一部として提供されます。ブロックチェーンは、取引の記録を公開し、全ての参加者が確認できるようにすることで、透明性を確保します。そのためすべての取引を誰かが見ている(実際にはコンピューターの記録として)ので不正を行いにくくしています。

具体的には?

例えば、スマートコントラクトを使って取引を行うと、取引の詳細がブロックチェーン上に記録され、誰でも見ることができます。これにより、不正行為を防ぎ、信頼性を確保します。

3-2: セキュリティと信頼性

結論

簡潔にいうと、Web3は高いセキュリティと信頼性を提供しています。

なぜか

これは、ブロックチェーン技術が分散型であるためです。分散型システムでは、ネットワークの各ノードが全ての取引のコピーを保持するため、一部のノードが攻撃を受けてもシステム全体の安全性は維持されます。

つまり、

従来の仕組みでは1つのPCやサーバがサイバー攻撃やシステムダウンしてしまうとそこでのデータや取引ができなくなってしまいます。しかし、Web3では分散して機能しているので一つのPCやサーバーがダメになっても通常通り機能することができます。

実例として

仮想通貨の取引は、ブロックチェーン技術を使用してセキュリティを確保しています。ハッカーが一部のノードを攻撃したとしても、他のノードが取引の正確な記録を保持しているため、取引の完全性は維持されます。

3-3: データの所有権とプライバシー

プライバシーや権利について

Web3は、データの所有権とプライバシーの保護を強化しています。

具体的には?

これは、Web3ではユーザー自身がデータの管理をするためです。現在のインターネット(Web2.0)では、企業がユーザーのデータを集め、それを利用、管理します。しかし、Web3では、ユーザーが自身のデータを管理し、どの情報を誰に共有するかを選択することができます。

しかし、デメリットもあります。代表例としてはパスワードが挙げられます。

今までは大事なパスワードを忘れると再設定することができました。それは企業がデータを管理していたので再発行をすれば新しいものを作ることができました。

しかし、、、

Web3では自分でデータを管理しているため自分以外はパスワードを知りません。なので、一度パスワードを忘れてしまうと再発行することができずもう二度とそのデータを開くことはできません

二度とです!

なのでパスワードなどの管理が重要になてきます。

実例

例えば、分散型アイデンティティシステムを使用すれば、ユーザーは自分

のアイデンティティ情報を自己管理でき、その情報がどのように使われるかをコントロールできます。
さらにメタマスクなどの分散型ウォレットなどがあります。

このことも詳しくまた別の記事に記載しますのでお待ちください。

4:Web3への移行:困難

この章ではWeb3への移行や導入についての難しさや障害についてお伝えします。私自身この分野でいずれは起業したいのでなかなか難しいですがまだまだこれからの分野なので今ここであきらめづにいずれはやってやるという気でお読みいただければと思います。

4-1: 技術的なハードル

結論

Web3への移行には、今までとは違ったものであるが故の技術的なハードルが存在します。

具体的には

ブロックチェーン技術は便利でありながらも、まだ新しい技術であるため、それを理解し、適切に実装するのは難しいです。加えて、スケーラビリティの問題もあります。ブロックチェーンネットワークは現状、大量のトランザクションを処理する能力に限界があります。また人材が不足しているという点も挙げられます。

4-2: 規制と法律の課題

規制

規制と法律の課題もまた、Web3への移行を困難にしています。 

新しいことにはつきものなのですが、、、 

しかし、現在政府がNFTやWeb3分野での法整備を進めているのでこの問題は少しは解決するかと思います。

海外の例

ブロックチェーンや暗号通貨に対する規制を進めている国もあります。例えば、EUでは暗号通貨に対する新たな規制を制定し、それらを統一化しようとしています。

また何かわかれば随時更新していきます。

結論

規制と法律の課題は存在しますが、世界各国がそれぞれ対応を進めており、次第に課題が解決されていくことが予想されます。そして、現在徐々にその内容が決まってきつつありますので期待です。

4-3: ユーザーエクスペリエンスと利用しやすさの困難

結論

ユーザーエクスペリエンスと利用しやすさも、Web3への移行における重要な課題です。

現状

現状、ブロックチェーンや暗号通貨に関する知識が必要となるため、一般のユーザーがこれらの技術を利用するのは難しいです。また、ウォレットのセットアップや秘密鍵の管理など、ユーザーが行うべき作業も複雑です。そして、注意点やデータの管理など自己責任なものが増えるため危機管理の意識も必要です。

結論

ユーザーエクスペリエンスと利用しやすさは大きな課題ですが、技術の進歩とともに解決されていくことが期待されます。

Web3への移行における主要な課題としては上記のようなものが挙げられます。そのほかにも多々課題はあり、困難ですが、各分野での研究と開発により、次第にこれらの問題は解決され、Web3の利用が一層容易になると予想されます。

それまで情報を追って参入の機会をうかがいましょう!


5:まとめ

  • Web3は分散型インターネットの概念であり、ユーザーの自由とプライバシーを重視しています。
  • ブロックチェーンと分散型台帳はWeb3の基本要素であり、取引の透明性と信頼性を実現します。
  • スマートコントラクトは自動実行可能な契約であり、透明性と効率性を向上させます。
  • Web3への移行には技術的なハードルがありますが、進歩と研究により解決策が期待されています。
  • 規制と法律の課題もありますが、関係者の協力と法的知識の向上が必要です。
  • ユーザーエクスペリエンスと利用しやすさの向上には、教育や使いやすいインターフェースの開発が重要です。


    ここまでお読みいただきありがとうございました。

    そして、お疲れさまでした。

    いかがでしたか?大まかにWeb3について説明してきましたがわかりましたでしょうか?わかりにくかったらすみません。もっとわかりやすく説明できるよう日々更新して、情報を発信していきますのでどうぞこれからの投稿もよろしくお願いします。そして、Web3人材としてこれからの時代で活躍していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました